本文へ移動
社会福祉法人寿光福祉会
幼保連携型認定こども園
坂ノ市こども園
〒870-0325
大分県大分市久原中央2-8-16
E-mail. enannai2@sakanoichi-hoiku.jp
TEL.097-592-1143
FAX.097-592-1159

────────────────
・大分市私立認定こども園
・地域子育て支援センター事業
────────────────

つきぐみ

あそび

クリスマスバッグを作ろう!

 

 
つきぐみになり様々な製作活動を通して
素材を選択しながらイメージした物を
形にする楽しさを味わってきた子どもたち。
今回は自分のクリスマスバッグを
作りました。





 

 
12月になり
クリスマスが待ち遠しい
つきぐみさん。





 

 
「今年もサンタさん来るかな??」
クリスマスバッグ作り開始!!





 

 
自分で素材を選択して
イメージした物を
形にしていきます。





 

 
自分で素材を選択して
イメージした物を
形にしていきます。





 

 
絵の具と綿棒を用いて
スタンプのように使っていくと
「雪みたい!」と表現したり・・・





 

 
綿棒を筆のように使って・・・
「たき火が描けた!」





 

 
折り紙でツリーやサンタを
折ったりしていきました。
「難しい・・・」
「貸して!やってあげる!」





 

 
のりではくっつきにくい素材に
気付く子どもたち。
「うまくつかないな。どうしよう・・・」





 

 
そこで、先生が
ボンドと両面テープの提案をして
使い方を知らせていきました。





 

 
そイメージして形にしていく姿や
形から連想していく姿、
製作中に友だちと教え合う姿が
たくさん見られました。





 

 
また、モールも
途中から導入してみると
苦戦しながらも指で細かい所を
工夫しながら雪だるまやハートの
形を作っています。





 

 
友だちの姿にも
刺激をもらいながら、
飾り付けが進んでいきました。
「それいいね!同じの作りたい!」





 

 
ついに完成!!
世界に一つだけの
素敵なクリスマスバッグが
出来上がりました。





 

 
12月22日・・・
あわてんぼうのサンタクロースが
つきぐみにも来てくれました。





 

 
「プレゼントありがとう!」
大喜びの子どもたち。





 

 
自分のクリスマスバッグに
大切に入れています。
「壊れないように
そーっと、そーっと・・・」




 クリスマスバッグ作りを通して、
自分のイメージを色々な素材を
選択しながら表現する楽しさを味わったり、
行事への期待を膨らませる事が出来ました。
また、仲間意識も深まってきている中で
友だちを頼ったり教えてあげる姿にも
成長を感じる事が出来ました。




TOPへ戻る